Search for the ideal-trainer blog
HOME > Search for the ideal-trainer blog > アーカイブ > 2011年11月アーカイブ

Search for the ideal-trainer blog 2011年11月アーカイブ

無意識にやっちゃいますね...

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんにちは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの根岸 正太郎です。

日常的に"足を組む"という動作は特に意識せずに行っているモノだと思います。

しかし足を組むこと自体には、カラダを歪ませてしまうなど
一般的に悪い印象があります。

具体的には足を組むと、カラダにどのような変化が起こるのでしょうか?

例えば右足を上にして組むクセがある人の場合。

右足を組むと右側の骨盤が上がり、重心がカラダの左坐骨部分に寄ります。
その結果、脊柱が右側に湾曲してしまいます。
                         ※坐骨 3
左足を組んだ場合はこの逆のことが起こります。

いつも同じ方の足を組んで座るクセがついてしまうと、
 脊柱と骨盤の両方を同時に歪め続けることになり、
 腰痛を招いてしまう場合もあります。


頭では分かっていても、無意識のうちに長年続けてしまっている方は多いのではないでしょうか?

そんな方に朗報です!

筋力トレーニングには、骨のゆがみ、姿勢を良くする効果もあります!

筋肉は腱や靭帯を介して、骨と繋がっています。
筋力トレーニングにより、バランス良く筋肉量を増やすことができれば、
骨も筋肉によって引っ張られ、骨のゆがみの改善、姿勢の改善を見込めます!

人は姿勢が悪いだけで、見た目の印象は大きく違ってきます。
姿勢が悪いだけで、マイナスに見られることは多い。
姿勢が良いと、それだけでスタイルが良く見えたり、好印象を与えます。

「自分は姿勢が悪くて...」
「自分は骨盤が歪んでいる...」
「足を組むクセが治らなくて...」

そんな事を少しでも感じているならば、
一度、筋力トレーニングを試してみては!?









早期脱出を!!

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんにちは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの落合 泰士です。

taiji.jpg

トレーニングを始めた最初の頃は、効果が実感しやすく、

スムーズにカラダが成長していくものです。

しかし、私達の身体は同じ動作を続けていくとその負荷強度に

適応・順応していく能力を持っており、慣れが生じ成長は止まってしまいます。

これをプラトー(停滞期)と言います。

このプラトーが起こってしまうと1番影響を受けるのが、モチベーションの低下でしょう。

しかし、カラダが成長する過程で必ず陥ることであって誰もが一度は経験するもの。

深刻に考える必要はありませんよ!!

扱う重量の伸び悩みだったり、筋肉痛があまりこなかったりする事も・・・


筋力トレーニングは重量・回数・種目・メニューの組み立て方・動作スピード

様々な変化を与えてあげ、常に刺激を与え続けなければいけない!

ここで忘れてはいけないのが、フォームをしっかり覚える事!

むやみやたらと変化を与えてもやった満足感だけ。

また、トレーニングだけが原因となっているのではなく、

カラダづくりに必要な栄養と休養も考えられます。

筋力トレーニングによって筋繊維が幾つもの小さな損傷を負います。

それを修復する為にトレーニング後のタンパク質合成が高まった状態でしっかり栄養を摂り、

カラダを休める事で筋肉は成長していきます。

必要以上の食事制限をしていないか?

偏った食事(炭水化物や脂質・タンパク質の摂り過ぎ)になっていないか?


食べなさ過ぎも食べ過ぎもトレーニング効果を得ることができず、カラダの成長も無い。

しっかり睡眠は取れているのか?

トレーニングのやり過ぎ(オーバートレーニング)になっていないか?


筋肉は休養している間に超回復を経て成長していきます。

いくらトレーニングの数を増やしてもカラダを休める場がなければ、

成長を妨げるばかりか、怪我・故障に繋がる危険性がある。

このようにカラダをつくっていく上で

必要なのはトレーニングによる刺激だけではなく、

必要量の食事と十分な必要最低限の睡眠が必要となってきます!

プラトーの期間をずっと引きずらない為にも、

一度自分の取り組みを見直してみると良いかもしれません!!





























他所は他所。ウチはウチ!

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんばんは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの根岸 正太郎です。

子供の頃の記憶で、
親に「○○君が新しいおもちゃを買ってもらった」
という話をすると、
「他所は他所。ウチはウチ!」
という事をよく言われたなと、最近友人と話していました。

これは"自分のカラダ"に置き換えても言えることだなと感じます。

例えば、友人と一緒にジムに通っている。
最初は通い始めるきっかけになりますし、お互いの意識の向上にも繋がります。
また、自分では気づけなかった第三者目線からのフォームの修正などが出来ます。
そして、楽しくトレーニングが出来るでしょう。

しかし、マイナスな結果を生む事も多い。

友人がトレーニングに来れなくなってしまった時に、自分も一人ではヤル気が起きず、
トレーニングを休んでしまう...。
友人だけが結果が出て来て、自分は効果が表れずにトレーニングを諦めてしまう...。
友人に合わせてしまい、自分のトレーニングを加減したり、やり過ぎてしまう...。

など、一人で行うトレーニングとは違うマイナスポイントも
出て来てしまう場合があります。

ですが、自分のカラダは自分でしか変える事は出来ません!

周りの人がいくら頑張っても自分のカラダは変わりません。
また、周りに合わせていてもカラダは一人一人違います。

JOHNNY STYLEのトレーニングにおいても、会員様一人一人、
組んでいるメニュー・強度・重さは違います。

ですから、周りに合わせ過ぎていても自分のカラダを変える上では、
効率的ではないことが多いのです。

他所は他所。ウチはウチ!

他人のカラダは他人のカラダ。自分のカラダは自分のカラダ!







継続は力なり!!しかし・・・

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんにちは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの落合 泰士です。

皆さんは、風邪を引いていませんか?!

寒暖の差が激しく、お客様の中でも風邪を引いて体調を崩している方が何人もいらっしゃいます。

最低でも手洗い・うがいは必ずするようにしましょう!


何をするにも継続は力なり!と言いますよね?

継続しなければ目標達成も遠のいてしまい、得られる物も得る事ができなくなってしまいます。

トレーニングにも同じ事が言える。

先ず継続していかなければ求める効果は手に入らない。

短期間で楽をして手に入る効果は、無いに等しいでしょう。

しかし、ただ継続していても間違った方法で進んでいれば、効率が悪くなってしまいます。

スポーツジムなどに長期間通っている方が「なかなか効果が出ないのよ~」とおっしゃるのは、

効率が悪いから・・・

そこがパーソナルトレーニングとの違い。

多くの方は、正しい知識・正しい手段を知りません。

本来は"継続"と共に身についてくるものですが、

様々な情報を鵜呑みにしてしまえば、間違った方向へ行ってしまう事もあるでしょう。

そうならない為に、情報を聞いて"どうなんだろう"と疑問に思ったら疑問で終わらせないこと。

一人でのトレーニングと違い、パーソナルトレーニングは疑問を解決する場でもある。

「一人ではこんなに集中してトレーニングできない」

「付きっきりだからここまでやれる」等の声もあります。

週1回のトレーニングでも効率が良ければ、カラダは変わっていく。

それに伴い、正しい知識・正しい手段が身についてくる。

運動をしているからカラダは変わってくるのではなく、運動+αが必要です。

トレーニング未経験者・女性の方・年配の方でも心配する事は有りません!

はじめは出来ないのが当たり前。

継続していくことで、気づけばいつの間にか出来るようになっていますよ!

jst8.jpg








~ダイエットはもぉイイから・・・ 何故?!を大切にしよう!!

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんばんは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの根岸 正太郎です。

人はなぜ、~だけで や簡単に~という甘い誘いに弱いのだろう?!

一日たった何分のうんどうで必ず痩せるとか...
一日三食のうち一から二食を置き換えるとか...
何故簡単に痩せるか?
何故かをもっと追求すべきだ!!
根拠が必要だと私は思う。


これらの上手い話しの商品に書かれている内容は根拠ではなくタダの説明だ。

知識人から見れば、買う方が悪いと思われている!

しかし、私は売る方にも問題があり
それを公認する周りや国にも問題があると思う。

不景気だからこそ、善悪を見極める目が必要だ!
8.8training.JPG
そんな物が多い世の中だからこそJOHNNY STYLEでは正しいものを伝えて行きたい!!







免疫力のUP&DOWN

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんばんは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの根岸 正太郎です。

最近は気温も下がり、すっかり冬の気候になりましたね。
寒くなってくると、毎年風邪が流行ってきます。

みなさんは体調管理は大丈夫ですか!?

体調管理の上で、食事や生活習慣も大切ですが、
"免疫力を上げる"これは風邪など病気の大きな予防になります。

免疫力を上げるには、筋肉量を増加させる事が重要になります。
それは何故でしょうか?

免疫力と体温には密接な関係があると言われています。
カラダが冷え、低体温になると免疫力は急激に下がります。
人間は体温の低下にとても弱い動物で、
平常時の体温から、5℃~6℃体温が下がると
生きていくことが出来ないと言われています。
人間の体温の元となる、熱の40%は筋肉から発生しています。
寒い時にカラダが勝手に震えることがありますよね?
あれは筋肉の収縮によって、カラダが熱を生みだそうとしているのです。

熱源の40%を占める筋肉。
その筋肉の量を増加させていけば、体温の低下を防ぎ
免疫力の向上へと繋がります!

その筋量の増加は、筋力トレーニングによって見込めます。

しかし、筋トレをしたからといって気を抜いてはいけません!

筋トレをして、筋肉量が増加すれば、免疫力は確かに上がっていきます。
ですが、筋トレをした後というのは一時的に免疫力が低下する傾向にあります!

トレーニング中・後の対策として

●カラダの汗はきちんとタオル等で拭き取る。
●汗をかいた服はすぐに着替える。
●しっかりと水分補給をする。
●トレーニング後にカラダが熱いからと言って、薄着で帰らない


など、トレーニング中や後にやってしまいがちな事ですが、気を抜かずに
体調管理をしていきましょう。

免疫力UPの効果のある筋トレも、少し気を抜いて
逆に体調を崩してしまっては、元も子もありません。

毎週続けたいトレーニングも出来なくなってしまいます。

みなさん、体調管理は万全に!!





やってみて分かる運動不足

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんばんは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの根岸 正太郎です。

「私は普段仕事で動いているから。」
「運動不足解消の為に、ウォーキングをしている。」
「趣味で週末にフットサルをして定期的に運動をしている。」

それで本当に筋肉がついていますか?
筋力不足ではありませんか?

初めてJOHNNY STYLEで筋力トレーニングをされる方は、
大半の方が自分の筋力の無さに驚かされています。

「こんなハズじゃなかった!」
「この程度の運動でこんなにも筋肉痛が...!」


自分はまだ若いから・普段比較的動いているからと
考えてはいませんか?

筋肉はピークを過ぎると、低下・減少していきます。

そして、基本的には普段の生活や有酸素運動では
筋量の増加や維持は望めません!

確かに有酸素運動やスポーツ・競技などの慣れていない動きをすると、
筋肉痛になることがあります。
ですが、それは慣れていない動作や、普段あまり使っていない筋肉を使った為に
筋肉痛になるのであって、大きな筋力アップは見込めません。

そして、筋肉量を増加・維持していけるのは筋力トレーニングです

筋肉量が減少していけば、
スポーツや有酸素運動でのパフォーマンスが低下していくのはもちろん、
疲れやすくなったり、姿勢が悪くなってしまったり、
日常生活の質の低下も招きかねません!

運動不足を感じている方も、そうでない方も一度筋力トレーニングをお試し下さい。
想い描いていた自分とは、掛け離れた自分がいるかもしれません。
自分の筋力不足、そして筋力トレーニングの必要性に気づくでしょう。







GALAXY SII LTEどうなるスマートフォン市場?!

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんにちは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの根岸 正太郎です。

高速通信LTE対応の新スマートフォン。NTTドコモが発売開始

GALAXY SII LTE
NTT ドコモの次世代通信サービス「Xi」に対応した Samsung 製スマートフォン「GALAXY S II LTE(SC-03D)」が11月24日から販売された。
スマートフォンが主流になって行くであろう携帯電話市場。

少し前には、iPone4s発売に合わせauが参入しドコモの動きが注目されていた。
ドコモはGALAXY SII LTEという手を取った。
個人的にはiPone4sの時にドコモも参入したら、それはそれで良かったのだが。
GALAXY SII LTEはインターネットスピードが優れているらしい!!
どうなるiPone?!

どうなる日本の携帯電話市場!!
何事も実用的でスタイリッシュな方が良い!
今日も朝早くからスタイリッシュで実用的なカラダを求めて多くの方がトレーニングにいらっしゃいます。





足首のクビレを手に入れる!

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんにちは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの落合 泰士です。


女性は男性に比べ、むくみやすいと言えます。

JOHNNY STYLEに来られる女性の8割は、むくみで悩んでいます。

デスクワークや立ち仕事、運動不足、筋肉量の違い、睡眠不足、塩分の過剰摂取など

様々な原因があります。 

重力に負け、どんどん下半身へ血液が溜まっていってしまう。
   
むくむと余計な水分や老廃物を溜め込みやすくなり、

下半身から心臓に血液を戻すという本来の循環する機能が低下してしまいます。

むくみを改善するためには、全身の血液循環をよくする必要があります。

半身浴やマッサージなど一時的に、暖めたり血行を良くする方法はあります。

しかし、根本を改善するために一番必要なのは、筋肉量を増やしてあげること!

その為に有効なのが、口うるさく言いますが定期的に筋力トレーニングを行う!

筋肉量(基礎代謝量)が増えれば、

むくみが改善されるばかりか脂肪が燃焼しやすい体質となり、

痩せやすいカラダへと繋がる・・・


一つの効果だけでは、済まないのが筋力トレーニング。

+α食事にも気を配ると機能向上になるでしょう。

ミネラルやビタミンCなど必要な栄養素がありますが、

特に老廃物の排出を助けたり、血圧を正常に保つ役割があるカリウムです。

緑黄色野菜やバナナ、リンゴなどの果物を積極的に摂ってみましょう!

緩和されただけでも、脚のサイズは大分変わってきます。

更に改善されれば、筋肉量が増加している為、

メリハリのある脚・引き締まった脚が手に入るでしょう!!

 











ソバージュ sauvage 

東京都大田区 品川区 目黒区 世田谷区からも好アクセスな加圧トレーニング施設。

お車でお越しの場合近隣にコインパーキング有り!

中原街道と環状七号線の南千束交差点近く!

電車でお越しの場合

東急大井町線 池上線旗の台駅より徒歩5分

東急池上線長原駅駅より徒歩3分

東急目黒線洗足駅より徒歩5分

AM8:00朝ヨガ 

随時受け付け中!!

Twitter  @JOHNNYSTYLE1173onTwitter

Facebook Shotaro Negishi

Instagram @johnnystyle

こんにちは!

PersonalTrainingGym JohnnyStyle パーソナルトレーナーの根岸 正太郎です。

ソバージュ
コレを耳にして先ず浮かぶのが⇒毛先から細かいパーマをかけてウエーブをつけた、野性味のある髪形。1970年代半ばにフランスで発表されて以来流行。
実はsauvageはフランス語で野生を意味する。


英語ではワイルド【wild】

野生であるさま。

自然のままであるさま。

荒々しく力強いさま。
この様な意味だそうだ。

人は進歩や発展に憧れつつもその代償としてカラダが退化している事に
少しづつ気づき始めている。

それは1970年代を振り返ってもそう。

どんどん発展していく文明がある中でソバージュヘアに憧れ

野性味溢れる男性にひかれたりする。

その一方便利さを追求しているのも確かだ。

実に皮肉。
しかし、私達の祖先は野山を駆け巡り生命維持の為 食事にありつきその結果強靭なカラダの者だけが子孫を残し現代に繋いだ。
現代では、野山を早く駆け巡る者 
強靭な肉体を持ち狩りの上手い者と豊かな生活は結びつかない?!
仕事の出来るものや賢い者が豊かなのは今も昔も変わらない気がする。

この現代誰もが忙しく暮らし便利さ故に強靭なカラダ(Wild)である為には、あえて非現代的な行動に時間とお金を使わなくてはならなくなった。
それがレジスタンストレーニングであり、その更に上を目指し効率化した物がパーソナルトレーニングなのかもしれない。
引き締まったカラダ 強靭なカラダは、紛れもなく過去も現代も優れた者の象徴である。


123456

« 2011年10月 | メインページ | アーカイブ | 2011年12月 »

このページのトップへ