ブログ

Blog

筋肉と体脂肪率の関係性

2018.11.22

皆さん自分の体脂肪率ご存知ですか?

実は体脂肪率とトレーニングの効果は大きく関係しています。

その一つにホルモンの働きが関係しているのですが

体脂肪率が高いと
テストステロン値が低く
エストロゲン値が高いと言われています。

・テストステロン
男性ホルモンの一種で筋肉を付ける事に関わるホルモン

・エストロゲン
女性ホルモンの一種で脂肪を付ける事に関わるホルモン

つまり、体脂肪率の高い方は
体内で脂肪を付ける働きが起こりやすいという事です。

男性8-15%
女性22-23%が
一番テストステロン値が高く出るという
研究結果もあります。

つまり、体脂肪率を上記の数字に
近づけると
筋肉が付きやすくなるという事です。

体脂肪率が低いから良いという訳でもないというのは面白いですよね。

体脂肪率が低すぎたり
過度なダイエットを行っている方も
テストステロンの分泌量が低くなってしまいます。

自分の体脂肪率を把握されていない方も多いのではないでしょうか。

効果的なトレーニングのために
必要な要因の一つになります。

皆さん一度計測されてみてはいかがでしょうか?