ブログ

Blog

スーパーフード「ビーツ」の健康効果

2020.02.14
皆さん「ビーツ」って知ってますか?
火のように真っ赤な野菜、ビーツは食べてみるとその見た目ほどクセはないのですが
実は「奇跡の野菜」「食べる輸血」と
言われるくらい栄養が豊富です。

ビーツの健康効果
1:むくみの解消、高血圧の予防
ビーツには、レタスやトマトの2倍以上の
カリウムが含まれています。
カリウムは体内の余分な塩分を
排出する働きがあり
むくみの解消や高血圧の予防になります。

2:動脈硬化の予防
パントテン酸は血液の中の
悪玉コレステロールを減らし
善玉コレステロールを増やす作用があります。

3:抗酸化作用によるがんの予防
ビーツの特徴的な色をつくり出している色素
ベタシアニンは、ポリフェノールの一種。
強い抗酸化作用を持っています。

4:腸内環境を整える
ビーツには食物繊維のほか
天然の難消化性オリゴ糖
「ラフィノース」が含まれています。
また便通を改善することで
老廃物を体外に排出しやすくします。

5:肝機能を高める
甘味成分であるベタインには
肝機能を高め、肝臓に脂肪がつくことを
防ぐ働きがあります。
肝硬変や肝脂肪の予防につながります。

ビーツは生、ジュース、ピクルスのような
様々な状態で食べれます。
普段と違う野菜を食べてみる事で
栄養を摂れるので試してみては?