ブログ

Blog

何も考えずに引き籠るな!

2020.04.13


家に篭り
やることが無いと気が滅入る
いくつか それらを回避する方法があるので紹介します!

1. 自宅での運動を習慣にする

自宅での運動には、21世紀らしいサービスを利用することから、昔ながらの方法を取ることまで
いくらでも選択肢はある

心拍数をあげたり
筋肉を付けたりするのに役立つ運動はどのようなものでも
心身の健康維持に適していることは間違いない

2.できるだけ屋外に出よう

人との間に6フィート(約1.8m)のスペースを空けることを、忘れてはいけないが特に陽の光は浴びるべき!

都市部に住む人たちはよく分かっているだろうが、これには多少の努力が必要な場合もある
だが、できないことではない

30分程でも良いので散歩を!


3.人との関わりは絶やさない!

人間は基本的に社会的な生き物で
危機のときに集まりたいと思うのが自然なことだ
だが、残念ながら私たちに今できることそれと反対のことだ

だから私たちに必要となるのは
心理的な距離の近さと共同体意識を保つために創造的であることだ
メールをやり取りしたり、ソーシャルメディアを使ったりするのもいいだろう
だが、電話やテレビ電話で話したり、屋外で安全な距離を保ちながら直接話したりする方が、はるかに良いと考えられる

「現在Johnny Styleではオンライントレーニングも受け付けています。自宅での運動且つ人(トレーナー)との関わりを持つことで心身の健康を維持しましょう!」