ブログ

Blog

炭水化物

2020.10.01

炭水化物

炭水化物は食べない方が良いのか?

最近、お客様からこのような質問をいただきました。

答えは No! です。


炭水化物の主な働きは
①脳や筋肉、身体のエネルギー源になる。
②コレステロールやぶどう糖の吸収の抑制。 
③整腸作用。


炭水化物を抜く事で身体には以下の様な症状が出ます。

①飢餓状態 
炭水化物などに含まれる糖質を取らないと身体がエネルギー不足を感じて脂肪を溜め込もうとします。

② 筋肉が分解される
糖質は筋肉を動かすエネルギー。
糖質が不足すると筋肉を分解してエネルギーに変え始め筋肉量が減ります。
筋肉量が減ると基礎代謝が落ちます。
基礎代謝が落ちると痩せづらい身体になります。


③腸内環境の乱れ
炭水化物に含まれる食物繊維の不足によって
腸内環境が乱れ栄養の吸収率が悪くなったり便秘になる
可能性が高くなります。


このように炭水化物は私達
人間にとって、なくてはならない物ですから
炭水化物を抜くのではなく
食べる順番を変えGI値の急上昇を避けたり
摂取し過ぎを気にして
調整しながら取り入れましょう! 

佐野