ブログ

Blog

トレーニングと柔軟性

2021.05.11

皆さんは、トレーニングによって柔軟性が工場するという事をご存知でしょうか?

トレーニングしてる人はムキムキなイメージがある。
柔軟性は無いだろう!?

トレーニングは日常生活で、とらない姿勢や動作を繰り返し行います!

自然界で野生動物は
10ある可動域を10使って生きています。

私たちの祖先もそうでした。
漁をして
狩をして
農作業をしていた。

しかし現代人は文明の進歩によって人間が持つ10ある可動域のうち今は3くらいで生活しています。

カラダは、日常的に使う可動域に合わせて
筋肉でいえば3か月周期でカラダのアップデートを行います。

使わない可動域は硬くなり
よく使う可動域は柔らかく

進み過ぎた文明と
便利という魔法によって私達人間は極端にカラダを日常で使わなくなり、関節可動域は狭く
筋肉は硬く
血管は硬く細くなった。

生きているだけで
冷え性 浮腫 肩こり 腰痛などの不調が出てくるようになった。

そこで、これらを理解した
一部の進んだ考えを持つ人達の間では、日常的に時間を作って
トレーニングしたり趣味を作ってスポーツをするという事が7行われています。

筋肉は動かすと血液循環が活発になり組織自体が柔らかく
しなやかに機能する。

骨と筋肉を繋ぐ
腱や靭帯もまた血流がよく栄養が行き届くほどしなやかで稼働的になる。

九九だって漢字だって
使わなければ頭から抜ける。

深野