ブログ

Blog

腹筋はなぜ最後にやること多いの~ トレーニング ボディーメイク @渋谷区

2015.11.27

「腹筋がトレーニングの中で一番苦手です(>_<)」って方多いですね。

なんで最後の最後で一番苦手で辛い腹筋がやってくるのか。

嫌がらせか拷問か、トレーナーに殺意を覚えた方も少なくないはず(笑)

トレーナーがドSなわけでも(中にはそうゆう人もいるかも)
嫌がらせをしている訳でもありません。

トレーニングの順番にはきちんと理由があります。

お腹はどの種目を行うときにも必ず働いています。

スクワットを行う時も、腕立て伏せを行うときも、筋出力は弱いですが
立っている時、座っているときも働いています。

そんなどの種目のときも頑張っている「腹筋」を最初に追い込んでしまうと
スクワットが頑張り切れない、腕立て伏せが頑張り切れない…

そうすると

お腹はきちんと出来た→80点
スクワットお腹に力入らず→40点
トータル120点

スクワット先にやる→80点
腹筋もやや疲れているけど最後まで追い込めた→70点
トータル150点

こんな感じで、全体のトレーニングの点数に差が出てしまいます。

これは、基礎代謝を高めて総合的にシェイプアップを目指す時に
大きな差となって結果に表れてきます。

辛さにもきちんと意味があるんですね。

意味が分かると少しだけ腹筋の時に気持ちが楽になりますかね~



パーソナルトレーナーH.TATSUYA