ブログ

Blog

筋肉痛ってきた方が良い?! 筋トレ・筋肥大@大田区

2015.01.26

「筋肉痛ってきた方が良いんでしょ?」
と会員様から聞かれることがあります。

確かに、
筋肉痛が出るくらいのトレーニングを行えたという事は、
身体に充分に刺激を入れられた、
良いトレーニングになっているでしょう!

しかし、”筋肉痛が無いトレーニングではダメなのか?”
と言われると、そういうことではありません。

筋肉痛でトレーニングの効果の全てを量ることは出来ません。

なぜなら筋肉痛には、
医学的にもまだ解明されていない部分もあり、
様々な学説も在る、不確かなものであるという事です。

運動刺激によって筋肉が大きな刺激を受け、
組織が損傷する事で筋肉痛は起こるという事が、
学説としては有力なようです。

ただ、ひとつ確かな事は、
筋肉は超回復という、
刺激(トレーニング)→修復(疲労・筋肉痛を直す)→成長(筋肉・筋力が変化する)
といったリズムで成長するということです。

つまり!
この超回復を起こす為には、
まず身体に十分な刺激を入れる必要があります。

その為には十分なトレーニングが必要。

そのトレーニングでどれだけ身体に刺激を入れる事が出来たか?
という判断基準の一つとして、筋肉痛は分かりやすいですよね!

筋肉痛が来なかったから、そのトレーニングの意味が無い!
なんてことはありませんが、
筋肉痛が出る程度のトレーニングが出来たという事は、
自身のトレーニングは良いクオリティで行えたと、
感じてもらっても良いのではないでしょうか?!



パーソナルトレーナー根岸 正太郎