ブログ

Blog

ウイルスと湿度の関係 

2019.02.22

ウイルスは気温が低く湿度も低い気候を好むと言われています。

ウイルスは自力で増殖する力がない為、人間などの生物の細胞の力を借りて増殖します。

そして、もともと水分を含んでいる物質の為、

空気が乾燥すればするほど浮き上がりやすくなり人間の生活に近いところを飛び回ります。

目安として

室内温度 18℃〜22℃
湿 度 50%〜60%

この状態が保たれていると予防になると言われています。

現在は、エアコンや電気ストーブが主流となり水蒸気を全く発生させず空気が乾燥しやすく

ウイルスにとって都合の良い環境になりがちです。部屋に洗濯物を干す、

加湿器を使用するなど工夫しできる限り湿度を下げないよう心掛けましょう。