ブログ

Blog

筋肉と加齢

2019.08.22

若々しさと機能性を保つのは下半身の筋肉

胸、肩、腕、背中など上半身の筋肉は男性らしいボディラインを強調する筋肉。

世の男性がやっきになって上半身トレに励むのは
そうした理由。

でも実は、年齢とともに減っていくのは下半身の筋肉だということはご存じだろうか。

加齢によって筋肉量および筋力が低下すると考えられる代表部位は大腿四頭筋。

30代以降徐々に減っていき
80歳では半分くらいの量になるといわれている。

大臀筋も同じようなペースで減っていくと考えられていて
80歳では30代の3分の2程度の量になるという。

年齢を重ねる事により太腿が全方位的に貧弱になり
お尻の筋肉が落ちて重力に負け下垂する。

白髪よりもシワよりも、
そうした下半身の様変わりこそがエイジング(老化)をアピールする。

逆にお尻から脚にかけての筋肉がそれなりに発達していると
年を経ても若々しい印象を保つことができるのだ。

現在上半身中心に鍛えていますという30代以上のあなた。

見た目的にも機能的にも下半身トレは必須です。