ブログ

Blog

冬のランニング

2019.12.11

冬のランニングの注意点

冬こそ脱水症状に注意
夏より汗をかかないことから、冬は脱水症状にならないと思っている方が多いようです。

冬は空気が冷たく高温多湿の夏場よりも走りやすいのですが、空気の乾燥や風により皮膚表面から水分が奪われるため、実は脱水になりやすい季節です。

発汗に限らず目や口などの粘膜、皮膚、呼気などから、無意識のまま水分は奪われています。夏は汗への自覚や熱中症や脱水症状への知識があるため、意識的に水分補給を行う人が多いですが、冬には脱水への認識が甘いため脱水症状がさらに起こりやすくなるのです。
喉が乾いていないからと水分補給を行わないままでいると、水分不足となって身体に不調をきたすこともあるので気をつけましょう。

脱水症の症状としては、だるさ、頭痛、吐き気などが出て、進行すると意識を失ってしまいます。
走る前にはコップ1、2杯程度の水を飲むことがオススメです。