ブログ

Blog

お節

2020.01.06

おせち料理の食材は「縁起が良い」とよく聞きますよね。
縁起が良いのはもちろんですが、実は様々な栄養素も豊富に含まれています。
ここでは、おせち料理に使われている食材の意味とともに、
栄養についても見ていきましょう。

〇黒豆
一年間「まめ(まじめ)」に働き、健康であるようにとの願いが込められています。
ビタミンやミネラルなど様々な栄養素が豊富に含まれています。
特に、ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、抗酸化作用や目の健康に関わります。 

〇数の子
多くの卵があるというところから、子孫繁栄の願いが込められています。
他の卵と比べて、コレステロールやプリン体の量は少なく、体内のコレステロールの排泄を助けるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は多く含まれています。

〇田作り(別名:ごまめ)
稲の豊作を祈る気持ち、五穀豊穣の願いが込められています。
小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられました。
また片口鰯の小魚(ごまめ)を使っている為、地域によってはごまめと呼ばれています。 
疲労回復を助けるビタミンB1などのビタミン類、骨の健康に関わるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル類が豊富に含まれています。

〇海老
腰が曲がるまで長生きしようという長寿の願いが込められており、また、海老の赤色は魔除けの色とも言われています。
コレステロールや血圧の調整に関わるタウリン、抗酸化作用のあるビタミンEなどが含まれています。

〇昆布 
「よろこぶ」の言葉にかけて、祝いの儀には欠かせません。
正月の鏡飾りにも用いられる一家発展の縁起物です。煮しめの結び昆布、昆布巻きと様々な料理に大活躍です。水溶性の食物繊維や、ヨウ素をはじめとする様々なミネラルが含まれています。ヨウ素は、新陳代謝を助けたり、甲状腺ホルモンの成分になります。

〇くわい
芽が出るから「めでたい」という意味を示すようになり、縁起物とされています。
カリウムが豊富であり、カリウムは、過剰なナトリウムの排泄を助けるので血圧の調整にも関わります。
おせち料理は、縁起が良いだけでなく、様々な栄養素を含む食材が使われているのですね。
しかし様々な栄養素を含む食材でも、食べ過ぎは太る原因となりますのでお正月の後はJohnny Styleでトレーニングしましょう!