枕の高さと人体への影響 | JOHNNY STYLE

ブログ

Blog

枕の高さと人体への影響

2020.01.10
「枕が変わると眠れない」という話をよく耳にします。これは気持ちの問題だけではなく
人体のメカニズムから考えてみても枕と睡眠には深い関わりがあります。
私たちが枕を選ぶとき
素材や形状など、多種多様な選択肢はありますが
睡眠の質に最も影響を与えるのは「枕の高さ」
人は夜に睡眠をとることによって
昼間に酷使した神経や身体を休め
体内のメンテナンスをおこないます。
熟睡できれば心身ともに回復し、
翌日には元気に一日を過ごすことができます。
そのために量ではなく睡眠の質を
上げることが大切です。
合わない枕による様々な症状
・手足のしびれや痛み
・首の痛み
・耳の痛み
・頭痛
・睡眠時無呼吸症候群
・不眠などがあげられます。
リラックスできる枕の高さを決める3つのポイント
・自然な姿勢を導く高さ
・頭の血を下げる高さ
・スムーズに寝返りできる高さ
これらを意識することで
質の良い睡眠を取れるようになります。
見直してみてはいかがでしょう?