ブログ

Blog

ストレス

2020.08.17

ストレスと血糖値

ストレスのある状況では血糖値が高くなる?!

ストレスにより血糖値が高くなるメカニズムの研究者は
「これは攻撃・逃避反応の一部である。クマなどに襲われて逃げなければならないときは、エネルギー源として血糖が必要となる。その際に体はコルチゾールを放出する」と説明する。

そのコルチゾールのレベルは通常、朝が最も高く夜間は低いという日内変動が見られる。ところが糖尿病患者では、夜間のコルチゾール低下があまり起こらないことを研究者らは見いだした。

コルチゾールレベルは夕方以降に低くなるはずだが、ストレス負荷のある人は、夜間のコルチゾールと血糖レベルがともに高くなり、血糖コントロールに影響が現われる。
また、コルチゾール分泌が亢進すると食欲が高まる。

そのようなときに、もしストレスを感じているとしたら、その人は野菜を食べようとはせず、高炭水化物、高糖質の食べ物に手を伸ばすだろう

ストレスを減らす事があなたのダイエットの最重要課題かもしれない
          國信