ブログ

Blog

刺激とホルモン

2020.11.18

刺激とホルモン
刺激とホルモンpart2

前回、刺激とホルモンについてお話ししました。
神経伝達物質に影響を与えるものとして
今回は、影響指数7のトレーニングに着目

どうやったら?どんなトレーニングをしたら?ドーパミン効果を得られるのだろうか。

どうやったら?
トレーニングで全力を出し切った時
トレーニングで苦痛を感じた時
自分が知らないトレーニングの情報をアップデート出来た時

どんな?

以前よりコツを掴み、上手に出来、刺激が強く入った時
重量を扱うトレーニング。ベンチプレスやスクワット
やデッドリフトなどで、いつもより重量を増やしてみる。
重量を持たないとしたら、いつもよりセットを増やしてみる。
その効果はワークアウトの後で、実感できるはずです。

注意

全力を出すにはそれなりの心構えや日頃の
トレーニングが欠かせません。
無理に動作して関節や筋肉を痛めては元もこもありません。ご自身の肉体を良く理解し、挑戦するようにしましょう。

46