ブログ

Blog

パフォーマンス・怪我のリスクを下げる為にも  ストレッチ 柔軟体操 ラジオ体操 @中目黒

2017.01.08

お休みの度に、マラソン大会へ出掛けるお客様がいます。

マラソンの距離は、フルマラソン(42.195㎞)から10㎞と様々な距離のマラソンに出場しているそうです。
勿論、走る前のウォームアップや走った後のクールダウンもパフォーマンスや疲労を考えれば大切ですよね!?

しかし…その方はやっていなかったそうです。
案の定、 このお客様の身体はガチガチに硬くなり、筋肉の柔軟性は低下していました。

その為、トレーニングの最後にストレッチを取り入れてみましたが、週1回での効果はやはり薄いものです。
自宅でも出来る簡単なストレッチをレクチャーし、続けてもらう中で少しずつ柔軟性が向上してきました!

筋肉の柔軟性は、競技パフォーマンスや怪我のリスクにも繋がる大切なものです!
週1やってるから満足ではなく、「自分から良くなりたい」と思わなければ変化はしません!

パーソナルトレーニングなら、トレーナーとお客様、”二人三脚”で身体の変化を実感出来ます!
自宅でも出来る簡単なアドバイスが提供できるのもパーソナルトレーニングならではでないでしょうか!?



パーソナルトレーナー K.UNAI