ブログ

Blog

REACENT POSTS

鮭はスーパーアンチエイジングフードと呼ばれている。 鮭に含まれている アスタキサンチン DHA,EPA ビタミン類には お肌のシワ形成を抑制 眼精疲労の回復 脂質、糖を燃やす 骨粗相症の予防 肌の健康維持などの効果があります。 美味しくて健康、美容に良い鮭を日々の食事に取り入れて 若々しい身体作り始…

2020.02.06

カラダを変える

重たいバーベル持ち上げて カラダを鍛えて 俊敏に動くためのトレーニングして 栄養摂取 疲労回復を意識したサプリメントに カラダに疲れを溜め込まないように ストレッチして それでも その日の波次第 波のサイズ ブレイクのスピード 自分の瞬発力と体重の天秤 準備万端なんて いくら準備してもありえない ま…

2020.02.05

アナトミートレイン

アナトミートレインは、身体全体にわたる筋膜と筋筋膜の”コネクションの解剖学”を提供し、使用する徒手療法や運動の様式に関わらず、身体に存在するパターンのマップ化をし、変化を形作る能力を与えてくれます。 アナトミートレインシステムの12の筋筋膜経絡は、今までに学んできた個々の筋肉を、人間の身体の姿勢や動…

2020.02.03

足がつる。こむら返り。

足がつる。こむら返り 運動中、足がつった 寝ている時に足がつって起きる つるというのは 筋肉がびっくりしてかたまってしまう状況。 この原因は 水分不足 運動不足 冷え と言われている。 対策としては 運動する前にストレッチをして 身体を温める。 こまめに電解質を含む水分補給しながらトレーニングしまし…

2020.01.30

GI値 

 GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指数のことです。つまりこのGI値が高い食材を食べると血糖値が急上昇し、反対に、GI値が低い食材を食べると血糖値は緩やかに上昇します。 そこでGI値の高い食品を食べる際に血糖を緩やかに上げる食事の摂…

2020.01.29

運動量を増やすには

みなさんは普段どのくらい運動をしているでしょうか? 人によって運動量は大きく違うと思います。 これから運動を始める、という方は以下を参考に運動量を調節してみてください。 ●今より1000歩多く歩く! 普段2000歩程度しか歩いていない人に対して「1日1万歩歩きましょう!」と目標を掲げても、難しいと思…

2020.01.27

やる気

やる気 時々お客さんに言われること 「やる気が出ません」 そうですよね 筋トレや運動って キツいし辛いことです 《やる気》は、その行動にメリットを感じない限り出てきません。 でも、その《やる気》 必要ですか?? 生きるために必要な食事、排泄 そこに《やる気》は必要ない。 歯磨き、洗濯、入浴、学校、仕…

2020.01.24

酸欠

これは身体の中の酸素が足りてない状態。 人の身体は最も活動する部位に血液が集中する。 例えば、食べた後に眠くなる。  これは消化のために消化器官に酸素が集まるから。 それと同じように トレーニング中はトレーニングしてる部位に酸素が集中する。 そのため他の部位の酸素が少なくなり めまいがする 気持ち悪…

2020.01.23

糖とインスリン

  私たちが日々生活するにあたり 欠かす事が出来ない栄養素のひとつが「糖」です。 ご飯や麺類などの主食には、多くの炭水化物が含まれています。 炭水化物はカラダの中でブドウ糖に変わります。 そのブドウ糖が脳をはじめとした各組織に送られてエネルギーとなります。 もし、ブドウ糖が効率よく各組織に…

2020.01.22

色食

色を食べるという事 「五味・五色・五法」は中・韓・日の料理に共通した考え方ですが、色については、時代とともにそれぞれのお国柄を映していきます。 薬膳的な効能を重視する中国のそれに比べて、独特の美意識で磨きぬかれていったのが日本の五色。 食材やあしらいの色だけでなく、お膳や器の色など、しつらえも含めた…

2020.01.20